Archive for 3月, 2013

利息を抑えるための消費者金融への返済

消費者金融からお金を借りれば、返済するまでの期間に応じて利息がかかります。長くなればそれだけ利息を多く支払わなければならないのです。返済するまでの時間を短くすることができれば、支払う利息を減らすこともできるでしょう。ただし、制度上、それができるのかどうかは消費者金融によって異なっています。
例えば、3日後には給料が入るというときに急な出費が必要となれば、3日間だけ借りることができれば利息を抑えることができるでしょう。しかし、消費者金融によっては、返済日が決められている場合もあります。月に一回の返済日が設定されていて、それ以外の日には返済できないこともあるのです。そうなると、借入期間は長くなりますから、利息の金額も大きくなるのです。
いつでも返済できるシステムがあれば利息を抑えることができます。返済の方法としては銀行振り込みを利用する場合が多いようですが、このときには振り込み手数料を支払うことも必要となりますが、それでも早く返済したほうが利息を抑えられる効果のほうが大きい場合が多いでしょう。

消費者金融の遅延金利の適用

消費者金融への返済が遅れると利息が非常に大きくなってしまいます。返済が遅くなると言うことは、当然のことながら借り入れる期間が長くなりますから、それによって利息が大きくなります。しかし、期間が長くなることだけが原因ではなくて、金利が高くなるという原因のほうが影響は大きいでしょう。
遅延した場合には「遅延金利」という金利が適用されます。遅延金利は、通常の金利よりも高く設定されています。利息制限法によって、金利そのものが20パーセントに設定されていますから、遅延金利が適用されても、20パーセントを超えることはありません。多くの消費者金融では利息制限法の上限金利が適用されることになりますから、20パーセントだと考えておきましょう。色々な書類を提出すれば低い金利で契約をすることもできるのですが、返済が遅れると、上限いっぱいまでの金利が適用されることが多いのです。そのために、支払わなければならない利息の金額は非常に大きくなると言えるでしょう。